第52回愛知ブロック大会江南大会

2019年9月14日(土)、江南市民文化会館(愛知県江南市北野町川石25-1)において、一般社団法人江南青年会議所が主管となり、公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会が主催する第52回愛知ブロック大会江南大会が開催されました。

愛知ブロック大会は、公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会の最大の運動発信の場であり、各種フォーラムが開催されるほか、愛知ブロック協議会が展開する事業についての報告等が行われます。

JC関係者以外の市民にも参加していただきやすいよう、フードトラックが出店し、お祭りのような雰囲気です。

JC青年の船「とうかい号」特別委員会へ挨拶に伺ったときの様子

ブロックアカデミー委員会へ挨拶に伺ったときの様子

午後1時からは「その一歩があなたの未来を変える」と題し、メインフォーラムが開催されました。

愛知ブロック協議会2019年度会長である金海慶太郎君の主催者挨拶の様子

メインフォーラムは、俳優、映画監督としても活躍されている、株式会社リバースプロジェクト代表取締役である伊勢谷友介氏、同社の大釜翼氏、笠井茂樹氏を講師に迎えた基調講演を内容とする第1部、愛知県北設楽郡東栄町で採れる、ファンデーションの原料となる鉱物「セリサイト」に着目し、ビューティーツーリズム「naori なおり」を主催している大岡千紘氏と伊勢谷友介氏のお二人をパネリストに迎えたパネルディスカッションを内容とする第2部で構成され、第1部では伊勢谷氏が株式会社リバースプロジェクトを立ち上げて、社会を変えるための行動をはじめるに至った経緯や、エアバックを再利用した製品の製造等の株式会社リバースプロジェクトが行っている取り組みについて、第2部では大岡氏が東栄町で「naori なおり」を主催し、まちづくりに深く携わるようになった経緯等についてお話を聞くことができました。

メインフォーラム後に式典が行われ、公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会2019年度会長である金海慶太郎君の会長挨拶で本年度を総括し、各地会員会議所の理事長が登壇されたほか、愛知ブロック協議会の各委員会委員長が本年度の事業報告を行いました。

佐藤理事長と、尾張東エリアで、一般社団法人小牧青年会議所とともに活動する5青年会議所の理事長が登壇されました。

式典後には大懇親会が開かれ、公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会の2020年度役員の紹介、愛知県内の33青年会議所の2020年度理事長予定者の紹介があり、一般社団法人小牧青年会議所からは2020年度の愛知ブロック協議会エリア担当副会長予定者として日下史諭規君が、一般社団法人小牧青年会議所2020年度理事長予定者として吉田憲生君が登壇しました。

エリア担当副会長予定者として登壇した日下史諭規君

2020年度理事長予定者として登壇した吉田憲生君

また、大懇親会では卒業式も開催され、一般社団法人小牧青年会議所からは、田島亜子君、田中秀樹君、林優治君、山影昌哉君の4名の卒業生が参加しました。

卒業生が登壇すると、会場内は卒業を祝う声で溢れかえります。

一般社団法人小牧青年会議所メンバーも、全力で卒業をお祝いしています。

この愛知ブロック大会をもって、2019年度愛知ブロック協議会の活動は一区切りとなりますが、これからも、日本青年会議所、東海地区協議会、そして愛知ブロック協議会の活動にしっかりと参画して参ります。

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

また、ご設営いただきました吉田専務、山影委員長をはじめとする渉外委員会の皆様、ありがとうございました。

9月度例会~出向のススメ 出向経験者はかく語れり~

2019年9月10日(火)19:00より小牧中部公民館4階大会議室(小牧市小牧五丁目253番地)にて、「出向のススメ 出向経験者はかく語れり~」と題し、渉外委員会の設営にて、一般社団法人小牧青年会議所2019年9月度例会を開催いたしました。

司会を務める小池副委員長と渉外委員会メンバー

開会セレモニー時の加藤君、田中君

佐藤理事長の挨拶の後、渉外委員会の山影委員長から、一般社団法人小牧青年会議所が将来を見据えた組織作りを行っていくのあたって、LOMの外に出て活躍している出向者が出向先での取り組みで得た知識・経験をLOMメンバーと共有することによって、出向者個人としてだけではなく、LOMとして新たな知見を取り込み、LOMの活動に活かしていくことが重要であり、そのためにはLOMメンバーが出向者の取り組みをよく理解するとともに、出向者もLOMメンバーとのつながりを意識して、自らの得た知見をLOMに還元できるようになることが必要だと考え、4名の出向経験者をパネリストとするパネルディスカッションを行うことで、出向経験者とLOMメンバーが双方向でやりとりを行い、出向について多角的に捉えるとともに、出向経験者とLOMメンバーとが互いに理解を深める機会を設けるべく、本例会を開催した旨、説明がありました。

山影委員長による趣旨説明の後、パネルディスカッションに先立って、出向とは何か、どのような出向先があるのかについて、渉外委員会から簡単な説明がありました。

山影委員長による「出向」に関する説明の様子

山影委員長による説明の後、本年度の愛知ブロック協議会のブロックアカデミー委員会へ出向し、同委員会でチームリーダーを務めている小池公二君をコーディネーターに、愛知ブロック協議会へ副委員長として出向した経験のある吉田専務理事、東海地区協議会へ副委員長として出向した経験のある三輪副理事長、日本青年会議所へ総括幹事として出向した経験のある蛯原副理事長、そして日本青年会議所へ委員長として出向した経験を持ち、本年度はJCIこと国際青年会議所へ委員長として出向している田島監事の4名をパネリストに迎え、パネルディスカッションを行いました。

コーディネーターを務める小池公二副委員長

パネリストを務める吉田専務理事と三輪副理事長

同じくパネリストを務める蛯原副理事長と田島監事

第1テーマは、出向することを決心した「決め手」は何だったかです。

第1テーマでは、パネリストからは、勤務先の社長や出向当時の理事長、入会歴の長いJCメンバーやOBの先輩方からの言葉をきっかけに出向する機会が与えられたといった話や、出向する前は出向先がどういうものかよく分からなかったけれど、出向先にはLOMでは体験することのできない世界や、LOMでは築けない人脈があると思い、その機会を活かそうと出向を決意したといった話、あるいは既に出向を経験して二度と出向したくないと思っていたけれど、出向を勧めてくださった方の熱意に応えるべく出向を決意したといったお話をしていただきました。

第2テーマは、出向先でつらかったこと、大変だったことをどう乗り越えたのかです。

第2テーマでは、出向先での議案の作成や各種会議への出席、それに伴い多くの時間を出向先での活動に注がなければならず、会社にいることのできない時間が増えて、それを会社の人から指摘されるなど、社業によくない影響が出てしまう場面があるなど、出向先でのつらいこと、大変なことについてお話をいただいたあと、そういったつらいこと、大変なことを乗り越えて、出向先での担いを全うすることができた理由について、自分より大変なことに取り組んでいる人の背中を見て、その人を支えなければと感じていたからというお話や、ともに出向先の事業を構築する仲間たちに支えてもらったことや自分を信じて出向先へ送り出してくれたLOMのメンバーの信頼に応えようと思ったからといったお話、自分が担うことになった出向先での役割を任せられるのは日本全国にいるJCメンバーのなかでもごく一握りだけであり、それを自分が任せてもらっているということへの責任感、自分がLOMの看板や会社の看板を背負っているのだという責任感があったからというお話、出向そのものを楽しむことができたからといったお話をいただきました。

第3テーマは、LOMと出向先のどちらを優先するべきかです。

第3テーマでは、出向先とLOMのどちらを優先させるべきかについて「LOMありきの出向」であるという理解は共通にしつつも、一概にどちらを優先させるべきとはいえないといったお話、具体的には、自分が出向先で担っている役割、LOMで担っている役割、事業の内容や事業に携わっているメンバーとの関係等によってどちらを優先させるべきかは変わるといったお話、どちらを優先させるにしても、自分が何をすべきなのかを考えて、自分の判断でどちらを優先させるべきかを決め、自分で決めたことを全うするのが大切だといったお話を聞かせていただきました。

第4テーマは、出向の魅力は何かです。

三輪副理事長

海地区協議会へ出向したときの話になりますが、東海地区協議会は愛知、岐阜、三重、静岡の4ブロックで構成されており、この4ブロックから集った仲間とともに活動していくなかで、普段LOMでは出会わない人たちとの間で友情を深めることができたことは、JC活動の面でも、仕事の面でも、有意義だと感じています。

また、出向することで、他のLOMではどうしているのかといった、地域ごとのLOMの特徴や、やり方の違いを知ることができ、学びを得られるのは、出向のいいところだと思います。

吉田専務

私は愛知ブロック協議会へ2度出向させていただいているのですが、一番の魅力というか、一番自分にとって財産になっていると感じているのは、LOMで活動しているだけでは出会わない人々との人脈を作ることができたことです。

それと、もともと小牧青年会議所に入会した目的の一つが、時間を作れるようになるということなのですが、LOMでの役職を受けることでも時間を作れるようになれたと感じているのですが、出向を経験したことによって、より自分の時間をうまくコントロールすることができるようになったなと感じており、こうした自己成長の機会があるというのも、出向の魅力の一つだと思います。

蛯原副理事長

メンバーの皆さんが青年会議所に入会し、活動を続けているのは、今の自分にはない何か、具体的には人脈、経営の考え方、コミュニケーション能力、あるいは先ほど吉田専務もおっしゃっていた、時間の使い方といったものを掴み取ろうとしているからだと思いますし、私も、入会して活動を続けるなかで、入会する前よりもうまく時間が使えるようになり、人脈も増え、JCが仕事や私生活にいい方向で活きていると感じています。

こういった、今の自分にないものを掴み取るチャンスというのはLOMにもあるのですが、出向を経験すると、LOMの考えが全てではないということに気づかされますし、LOMにはないものが溢れていて、LOMでは得ることができないものを得る、あるいはLOMで得たものをいい意味で崩して、更なる成長へつなげることができるのが、出向の魅力だと思います。

田島監事

出向の魅力は色々ありますが、皆さんが言われるように、人と人とのつながりは非常に広がったと感じています。昨年は、日本青年会議所の国際グループの一員としてアジアを担当させていただいたことで、日本中にもつながりが広がりましたし、日本を越えてアジア圏の国の人々とつながりを持つこともできました。

また、自分が所属するLOMでしか活動をしていないと分からないことも多々あって、LOMとは違うやり方に触れると、普段の活動のなかでは意識できていないことにも意識が向くようになるといった点でも、学びがありました。

あと、出向先での役割には限られた人しか受けられないものもあって、そういう役割を担わせてもらうというのは、単純にやりがいもあって楽しいですし、個人的な話では、出向すると会社を長期間空けなければならないときもあって、そういうとき、どうやって自分がいなくても会社を回すことができるかを考え、準備をして、実際に自分がその場にいなくても会社が回るようになった姿をみることができたという経験は、自分にとって自信になりましたし、会社にとっても成長するいい機会になったと思います。

JCをやって会社を潰すなんて話を聞かれたことのあるメンバーもいるかもしれませんが、私にとっては、出向を含めて、JCをここまでやってきたことは会社にとってプラスになっていると感じますし、会社を空けなければならないときがあったからこそ、自分がいないときも従業員が会社を回してくれていることへの感謝の気持ちが沸いてきて、ここまでJCをやらせてもらった「恩」を、どうやって会社に返していこうかと考えています。

出向は、なかなか気軽にできるものではないですし、大変というイメージもあるとは思いますが、1歩踏み出すことができれば、その1歩は、10歩にも、100歩にもなって自分に返ってくるので、皆さんも、是非一歩を踏み出して、出向をしてもらいたいと思います。

パネルディスカッションの後、ディスカッションを聞いていたメンバーから、出向をすると、どの程度のお金と時間がかかるのかといった質問があり、各パネリストの方から回答をいただき、出向について理解を深めました。

質疑応答の後、渉外委員会が作成したアンケートに回答することを通して、パネルディスカッションを振り返りました。

パネリストを務めていただきました田島監事、蛯原副理事長、三輪副理事長、吉田専務、貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

最後に、9月度例会をご設営頂きました吉田専務、山影委員長をはじめとする、渉外委員会の皆様、お疲れ様でした。

担当委員会より例会を終えてひとこと(渉外委員会副委員長 小池公二君)

私は昨年入会し、本年度は渉外委員会の副委員長を拝命するとともに、メンバーから楽しいよ勧められたこともあり、愛知ブロック協議会のブロックアカデミー委員会にも出向させていただき、そこではチームリーダーの職を務めさせていただいています。

出向先では、チームリーダーとして、チームで行う事業の構築や、議案の作成、塾のスタッフ会議への参加、アカデミー委員会の全体委員会への参加など、やるとも多く、場所も愛知県内の各地で行われているため、移動も含めて非常に多くの時間をとられており、つらいなと感じることも少なくはなく、LOMでの渉外副委員長としての役割と出向先でのチームリーダーとしての役割の間で、どちらを優先させるべきか頭を悩ませる機会も少なくありませんでした。

今回の例会は自分の悩みを反映したものとなっていて、パネリストの皆様の経験や言葉を聞いて、自分の悩みが解消されましたし、出向に対する意欲がふつふつと沸いてきました。

本年度も、残り4ヶ月をきりましたが、一般社団法人小牧青年会議所メンバーに勇気をもって一歩踏み出してもらえるよう、本年度の出向者として、そして渉外委員会の副委員長として、率先して行動して参ります。

2019年度8月臨時総会

2019年8月28日(水)18:30より、ルートイングランティア小牧(愛知県小牧市新小木2丁目33番地)にて、一般社団法人小牧青年会議所2019年度8月臨時総会を開催致しました。

三輪副理事長による開会宣言

開会セレモニー時の名和理事、杉本委員長、中山委員長、丸川委員長、吉戸理事

佐藤理事長からの挨拶の後、吉田専務理事から来賓並びにOB特別会員のご紹介を致しました。

8月臨時総会にご出席いただいた小牧市副市長伊木利彦様と、名和千博OB会長をはじめとするOB特別会員の皆様

来賓並びにOB特別会員のご紹介の後、佐藤理事長が議長に選出され、総会議案の審議が行われました。

会員拡大委員会杉本委員長による定足数の確認

審議・採決の結果、2020年度役員予定者承認の件について、全員の賛成により、同議案は審議可決されました。

2020年度役員予定者承認の件が審議可決されたことを受けて、2020年度理事長予定者である吉田憲生君が、お礼の挨拶をするとともに、次年度に向けての意気込みを力強く語りました。

その後、小牧市副市長伊木利彦様より、ご挨拶をいただきました。

田島監事、渡邉監事から監事所見をいただいた後、丹野副理事長の閉会宣言をもって、2019年度8月臨時総会を閉会いたしました。

8月臨時総会閉会後、ルートイングランティア小牧において蛯原副理事長の設営にて、2019年度8月臨時総会後の懇親会を開催し、引き続き小牧市副市長、名和OB会長をはじめとするOB特別会員の皆様にもご参加いただきました。

司会を務める、杉本委員長

蛯原副理事長による開会宣言

佐藤理事長の挨拶の後、小牧青年会議所OB会会長である名和千博先輩に乾杯のご発声をいただきました。

しばし歓談の後、会員拡大委員会杉本委員長より、2019年度に入会した新入会員の紹介があり、続いて2020年度専務理事予定者である三輪直慶君より、改めて2020年度役員予定者を紹介させていただきました。

今後の抱負についてスピーチをする新入会員と杉本委員長

2020年度役員予定者を紹介する三輪専務理事予定者

2020年度役員予定者を代表し、改めて挨拶をする吉田理事長予定者

最後に全員で輪になり、「若い我ら」を合唱した後、締めのお言葉を窪田保先輩にいただき、丹野副理事長の閉会宣言により、8月臨時総会後の懇親会を閉会いたしました。

締めのお言葉をいただいた窪田保先輩

最後に、8月臨時総会をご設営いただきました吉田専務、梅澤事務局長をはじめとする事務局の皆様、懇親会をご設営いただきました蛯原副理事長、杉本委員長をはじめとする会員拡大委員会の皆様、ありがとうございました。