三役紹介

副理事長兼室長抱負

吉田憲生

2018年度、日下理事長のもと副理事長兼室長という大役を仰せつかり、大変光栄に感じると共に、責務の重要さに身の引き締まる思いでございます。そして、2015年度青少年育成委員会委員長を務めさせていただいた時に大変お世話になりました、担当室長でもある日下副理事長兼室長に本年度は理事長という立場から副理事長兼室長の担いを任せて頂けたことに、日下理事長をはじめメンバーの皆様に心から感謝申し上げます。入会5年目、今となっては自分よりも入会の浅いメンバーが多くなり、甘えの許されない立場となったことを改めて感じています。また、副理事長兼室長として責任と自覚をもって、自ら率先し行動することが一般社団法人小牧青年会議所の成長につながると確信しております。本年度は、吉戸委員長率いるまちの未来創造委員会と名和委員長率いる国際関係委員会を担当させて頂きます。5年後、10年後の小牧を見据え「明るい豊かな小牧」の実現を目指して活動して参ります。結びとなりますが、多くの先輩諸兄から頂いた教えや学び得た経験をメンバーへ伝え、一般社団法人小牧青年会議所の成長につながるよう全力で努めさせていただきます。一年間どうぞ宜しくお願い致します。

 

副理事長兼室長抱負

副理事長兼室長 丹野雄介

2018年度、副理事長兼室長として会員拡大を担当させていただくこととなりました。副理事長そして会員拡大と重要な役割を与えていただきました日下理事長をはじめとするメンバーの皆様に感謝を申し上げると共に、一年間責任を持って職務を全うする事をお約束申し上げます。小牧青年会議所は2018年度、日本青年会議所委員長、東海地区協議会監査担当役員と日本本会、東海地区協議会において役員を輩出し、今までになく大きなステージで活躍するメンバーがいます。これは先輩達の弛まぬ努力によって築き上げられた賜物であり小牧青年会議所にとっても新たな第一歩となります。この学びの機会を無駄にすることなく真摯に向き合い、小牧がより希望に満ち溢れたまちになるよう運動を発信していかなければなりません。そして、会員拡大においては近年一定の拡大が出来ているものの、小牧青年会議所がより「実行力」「行動力」のある魅力的な青年会議所になるためには、一人でも多く共感を抱く仲間を作りその波紋を沢山増やすことが必要です。小牧青年会議所メンバー全員一丸となって会員拡大、JC活動に取り組めるよう先頭を切って一年間望みたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

副理事長兼専務理事抱負

副理事長兼専務理事 佐藤君治

2018年度、日下理事長のもと副理事長兼専務理事という大役を仰せつかり大変光栄に感じると共に、役職の重みに身の引き締まる思いです。私自身入会して8年という月日を迎え、先輩諸兄をはじめとする多くの方との出会いのなか、多くのことを学び経験をさせていただきました。そこで得た気づきをメンバーに伝えることで(一社)小牧青年会議所の発展と自身の成長に繋がると考えています。本年度は副理事長兼専務理事として事務局に於いては円滑な事務局運営を行うにあたり、渡邉事務局長、丸川事務局次長と共に規律ある強固な組織を目指し、地域に必要とされ続けられるよう築き上げてまいります。渉外委員会に於いては森委員長、舟橋副委員長には新しい力を存分に発揮していただき、メンバーに対しては対外事業への参加意義を伝え出向者をサポートし、また出向者に対しては出向先で得た学びをメンバーと共有しお互いが成長していただけるよう努めてまいります。最後となりますが、この大役を与えて下さった日下理事長をはじめとするメンバーの皆様への感謝を忘れることなく、専務理事として精一杯努めさせていただきます。一年間どうぞよろしくお願い致します。

 

事務局長

事務局長 渡邉哲基

2018年度、日下理事長のもと事務局長を務めさせて頂くこととなり、大役への責任の重さを改めて感じております。2015年に入会し、昨年はグローカルマインド共育委員会の委員長として初めての理事を経験させて頂きました。6月は感謝の心を親子で共に学んで頂くためゴルゴ松本氏をお迎えし、「命の授業」を行わせて頂きました。また、10月には第6回となる「こまき市民討議会まちづくりミーティング2017」を開催させて頂き、どちらも親子での学び、幅広い世代の繋がりの大切さを感じて頂くため、多くの市民を巻き込んだ事業を開催させて頂きました。ここで得た学びを糧として、これからも地域の皆様に必要とされる団体であり続けるため、各委員会の行う事業を運営面からしっかりとサポートし、全ての事業が成功を収められるよう円滑な事務局運営を行って参ります。最後となりますが、大役を与えて下さった日下理事長をはじめとするメンバーの皆様に感謝申し上げるとともに、先輩諸兄より頂いた多くの学びや経験を少しでも伝えて行けるよう丸川事務局次長、事務局員と一丸となって(一社)小牧青年会議所の発展に寄与していけるよう精一杯精進して参る覚悟でございますので、一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。