三役紹介

副理事長兼室長抱負

副理事長兼室長 名和 俊

2022年度、副理事長兼室長という大役を仰せつかり、大変光栄に感じると共に大役に対して身の引き締まる思いです。

昨年度は創立50周年を迎え、2021年宣言を策定させていただきました。刻一刻と状況が変わっていく現代において、本年度はそこでの誓いを胸に蛯原理事長のもと新たな一歩を踏み出します。ここから始まる新たな歴史を本年度は、佐藤悟委員長率いるローカル愛委員会を担当させていただきます。青年会議所運動におけるまちづくりの根幹を担う委員会として、まちの為に何を成していくのか、また何を発信していくのかを共に考え運動展開して参りたいと思います。

最後になりますが、この機会を与えて下さいました蛯原理事長をはじめとするメンバーの皆様へ感謝の意を忘れることなく、全力で職務を全うしていきますことをお約束申し上げ、私の抱負とさせていただきます。一年間どうぞよろしくお願いいたします。

                       副理事長兼室長 小池 公二

2022年度、蛯原理事長のもと副理事長兼室長という大役を仰せつかり誠に光栄に感じると共に、役職の重要な責務に身の引き締まる思いです。

創立50周年という半世紀を終え、(一社)小牧青年会議所の先輩諸兄姉が築き上げてきた歴史の重さを私自身、全身全霊肌で感じ、より一層気を引き締めて、新たな役職に邁進し、

先輩諸兄姉の歴史と功績に感謝と敬意を表し、成長の機会を与えて頂きました(一社)小牧青年会議所に恩返しをしていきたい所存でございます。

 本年度は小澤委員長率いる、ひとづくり委員会を担当させていただきます。(一社)小牧青年会議所で何事にも全力で夢中になり真剣に挑み得た学びを自分の物とし、一人ひとりの成長に繋げ、最後の学び舎にしていくことこそがひとづくり委員会の根底にあるメンバーへの意識変革が重要と考えます。そして日頃から我々、(一社)小牧青年会議所の活動に対し、家族や身近な方々の理解があり、そこには必ず誰かの支えがあります。メンバー自身が今、置かれている環境があるのは、常に支えて頂いている方がいるからこそ自分自身があり、身近な方へ感謝の想いを念頭に置き、今後の青年会議所活動に邁進して参ります。

 結びとなりますが、先ずは大役をいただきました蛯原理事長、そしてメンバーの皆様への感謝の想いを忘れることなく全力で、一年間役職を全うして参ります。皆様一年間どうぞ宜しくお願い致します。

                       副理事長兼室長 舟橋 拓馬

2022年度、副理事長兼室長という大役を仰せつかり、大変光栄に感じると共に大役に対して身の引き締まる思いです。

2022年度は、蛯原理事長のもと、一般社団法人小牧青年会議所が50年の長きに渡り積み上げてきた色彩の層に新たな色を加え、歴史の重みをもちながらも、今の時代を飾るにふさわしい彩をもった組織とするべく、貝沼委員長率いる会員拡大員会の担当副理事長として、豊かな個性、多彩な色をもった多くの新入会員を入会に導くため、委員長の指導支援に尽力して参ります。

強烈な色彩は、他の色とは容易に混ざり合わず、時として反発し、組織の和を乱す一因となりえる一方で、他の色彩と調和することで組織に深みをもたらし、力強く、多様な運動を展開する際の一助となります。かくいう私も、容易に混ざり合うことのない強烈な「色」を持つ一人であり、私同様強烈な「色」を持つ新入会員が、その個性をいかんなく発揮して、一般社団法人小牧青年会議所に更なる発展をもたらすことができるよう、全力で支援して参る所存です。

結びとなりますが、蛯原理事長をはじめとするメンバーの皆様からお預かりした役割を全うすべく、1年間精進して参ります。

事務局長抱負

事務局長 大野 公大

 

2022年度、事務局長という大役を仰せつかり、大変光栄に感じると共に、責任の重さに身の引き締まる思いです。

2014年に入会をさせていただき、昨年には「ひとづくり」を担う委員会の委員長として、初めての理事を経験させていただきました。苦悩しながらも取り組んでいくなかで、数多くの学び得ることができ、自身の成長にも繋げられたと実感しております。この学びを糧として、今年は三役という立場のなか、事務局として組織運営を円滑に遂行していくためにも、各委員会との連携を図り、組織基盤の確立に努めて参ります。また、青年会議所運動を積極的に発信していくことで、一人でも多くの方に周知ができるよう尽力して参ります。

結びとなりますが、このような機会を与えてくださった蛯原理事長、そしてメンバーの皆様に深く感謝申し上げるとともに、(一社)小牧青年会議所の発展に寄与していけるよう、志村事務局次長、事務局員と力を合わせ、精一杯務めさせていただきますので、一年間どうぞよろしくお願い致します。

専務理事抱負

専務理事 梅澤 侑未

 

2022年度、専務理事という大役を仰せつかったことを、大変光栄に思うとともに、その重責に身の引き締まる思いです。

一般社団法人小牧青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」を目指し、先輩諸兄姉の思いや絶え間なく注がれてきた努力と情熱を受け継ぎ活動に励んで参りました。昨年創立50周年という大きな節目を迎え、今までの長く深い歴史を振り返り、(一社)小牧青年会議所がどれだけ地域に必要とされ、共に歩んできたかを知ることができ、現在その一員として活動させていただいていることに大きな誇りを感じることができました。

これから先も地域から求められ、持続する団体であり続けるためにも、柔軟かつ的確な組織運営を行い、我々の活動・運動が地域から共感と信頼を得ている事に自信を持ち、様々なツールを活用し広く発信します。また、対外事業への更なる参加意識の向上を促し、学び得たことを共有することがLOMの発展となり、明るい豊かな社会の実現に向けた活動へと繋がるよう邁進して参ります。

最後になりますが、専務理事という大変貴重な機会を与えてくださった蛯原理事長、メンバーに深く感謝するとともに、理事長の想いを共有した全委員会の運動が最大限の効果を発揮できるよう、専務理事として精一杯務めさせていただきます。一年間どうぞよろしくお願い致します。