(公社)日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会2018年度愛知ブロック大会田原大会

2018年9月8日(土)に(公社)日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会2018年度愛知ブロック大会田原大会が田原市、田原文化会館にて行われました。

本年度は、第45回JC青年の船「とうかい号」特別委員会運営幹事として丹野雄介君、LOM連携推進委員会委員小沢国大君、ブロックアカデミー委員会へ野々田浩之君、中山麻美君、田中秀樹君、杉本真一君が出向致しました。愛知ブロック協議会で培った経験を生かし、来年度も更なる活躍をしてくれると期待しております。

さて、本年度の愛知ブロック大会では、主権者意識を醸成するフォーラム「届け!想い 愛知の未来を選ぶのは若者だ!」が開催されました。このフォーラムでは、20代から40代までの投票率が全国平均を下回っている中、国際弁護士としテレビ番組でお馴染みの現在は参議院議員として活躍される丸山和也さんを講師にお招きし、「Slide」というシステムを用いて、観客の皆様にもリアルタイムに意見を発信していただき、その場で丸山議員にコメントしていただきながら一人の主権者として、どのように行動すべきなのかを会場全体で考えました。  

そしてメインフォーラムでは、「Sustainable Smile 世界に何ができるか」が開催され、人気女優の広瀬アリスさんが講師として登壇されました。広瀬さんは、JICA(独立行政法人国際協力機構)等が展開する世界の現状を知り、一人ひとりができる活動を考える活動「なんとかしなきゃ!プロジェクト クロストーク」に参加されており、その海外協力活動の現場での経験談をお話しいただき、我々一人ひとりが、世界で現に起こっている様々な問題に対して、どのような活動・行動をすることができるのかを考えました。

式典では(公社)日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会2018年度会長浅野弘義君が会長挨拶で本年度を総括し、各地会員会議所の理事長も登壇されました。引き続いて2019年度会長予定者が紹介され、金海慶太郎君が2019年度に向けて力強い挨拶を行いました。

式典後には会場を移し大懇親会があり、太鼓のパフォーマンスや田原の美味しい食材をご用意頂きました。懇親会の中ではサプライズゲストとして鈴木亜美さんが登場し、また愛知県内の各地会員会議所の2019年度の理事長予定者の登壇があり、(一社)小牧青年会議所からは2019年度理事長予定者の佐藤君治君が登壇しました。その後卒業式が開かれ、(一社)小牧青年会議所からは岡田新平君、金子清一朗君、谷口勝也君、中村慎司君、渡邉哲基君の5名の卒業生が参加しました。卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

この愛知ブロック大会をもって愛知ブロックとしての活動は一つの区切りとなりますが、これからも日本、東海地区、愛知ブロックの活動にしっかりと参画し、小牧での活動に活かしていきたいと思います。

最後に、愛知ブロック出向者の皆さん、そして佐藤専務理事、舟橋副委員長をはじめ渉外委員会の皆様、ご設営を頂きありがとうございました。