5月度例会~すべては行動から~

2019年5月14日(火)19:00より、小牧商工会議所会館4階大会議室において、「すべては行動から」と題し、渉外委員会の設営にて、一般社団法人小牧青年会議所2019年5月度例会を開催いたしました。

司会を務める小池副委員長

開会セレモニー時の田中君、加藤君

佐藤理事長の挨拶の後、渉外委員会の山影委員長から、公益社団法人日本青年会議所や東海地区協議会、愛知ブロック協議会等の連絡協議機関へ出向することや、それらの機関が実施する事業に参加することは、他の地域で活動するJAYCEEをはじめとする様々な人との新たな出会いや新たな知識経験をもたらし、そうした出会いや経験を通じて成長し、活動に邁進することが、「明るい豊かな社会」の実現に必要でありながら、そうした事業への参加率が芳しくなく、出向に積極的なメンバーが増えていかない現状を変えるためには、まずは「行動する」ことの大切さを再確認するとともに、実際に行動することができるような心構えを持つことが必要であると考え、そうした機会を提供するべく、本例会を開催した旨説明がありました。

以上のような趣旨・目的を達成するため、本例会では、一般社団法人江南青年会議所に所属されている光辻文恵君を講師としてお招きし、「CC」(Change Your Behavior,Change Your Life)という名称のセミナーを受講しました。

講師を務めていただいた光辻トレーナー

「CC」では、アイスブレイクとして実施したミニゲームを通して、「行動」がしやすい場合とそうでない場合で何が違うのかに意識を向け、講義とグループディスカッションを通して、何かを成し遂げる、あるいは人から信頼を得るためには、考えたり、発言したりするだけでなく、実際に「行動」に移すことが必要であること、ただ「行動」しなければならないと分かっていても「行動」できないことがあること、「行動」できない原因は何なのか、そうした障害を乗り越えて実際に「行動」するためにはどういった考え方をするとよいかといったことを学ばせて頂きました。

アイスブレイクの様子

グループディスカッションの様子

光辻トレーナーによる講義の様子

また、「CC」では、「行動」を続け、様々な体験を積み重ねていけば、自然と想像力が培われ、人生の目的の達成に向けて「行動」するにあたってより多くの選択肢を持つことができること、人生において多くの選択肢を持つことは豊かな人生を送ることへとつながること、そしてJCにはそのような様々な体験を積み重ね、想像力を培うことのできる機会に溢れているといった趣旨のお話がありました。

「CC」受講後、渉外委員会から、JCIや日本青年会議所、東海地区協議会、愛知ブロック協議会等が行う事業について、事業の概要や、その事業に参加することでどういった学びを得ることができるのか説明がありました。

事業について説明をする加藤君、田中君、小池君

プログラム終了後、吉田専務から謝辞を述べ、お礼の品をお渡ししました。

光辻トレーナーにおかれましては、本例会の講師をお引受くださり、ありがとうございました。

また、例会後の懇親会にもお付き合いくださり、ありがとうございます。

最後に、5月度例会をご設営頂きました、吉田専務、山影委員長をはじめとする、渉外委員会の皆様、お疲れ様でした。

担当委員会より、例会を終えてひとこと(渉外委員会委員長 山影昌哉君)

一昨年は公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会の国際力溢れる愛知創造委員会へ総括幹事として、昨年は公益社団法人日本青年会議所の国際グループアジアアライアンス構築委員会へ広報幹事として出向させていただき、たくさんの出会い、たくさんの学びを得ることができ、私は、出向や対外事業に参加することはすばらしいと感じており、そうした経験や感覚をひとりでも多くの一般社団法人小牧青年会議所のメンバーと共有したいと考えております。

しかしながら、出向する、あるいは対外事業へ参加するとなると、時間や費用の面での負担が生じるため、やれば得られるものがあると分かっていても、実際にやることは躊躇してしまうメンバーは少なくありませんし、私も、本年度はじめて委員長という役職を拝命し、慣れないことばかりで、「行動」に消極的になる場面も少なくありませんでした。

それでも、役職を受けること、出向すること、対外事業に参加することに消極的なまま、限られたJCライフを送ることはあまりにもったいないと考え、自戒の意味も込めて、本例会を開催させていただきました。

出向や対外事業に参加することに負担が伴うのは事実ですが、それを補って余りあるだけの学びがあります。渉外委員会では、一般社団法人小牧青年会議所のメンバーが、出向や対外事業の参加に積極的な姿勢を持つことができるよう、事業に関する情報提供や出向者のサポートをしっかり行って参ります。