2018年度7月度例会〜繋がる熱き夏の想い、過去から未来へ〜

2018年7月29日(日)一般社団法人小牧青年会議所2018年7月度例会〜繋がる熱き夏の想い、過去から未来へ〜を開催しました。

本例会は今年で30回目を迎える小牧市の「小牧平成夏まつり」に参画し、市民の皆様を巻き込んだ運動を行い青年会議所の魅力が伝播していくことと共にメンバー同士も強固な絆で結ばれることを目的として開催しました。

開会セレモニーは新入会員の小池公二君の開会宣言から始まり、田中秀樹君がJCIクリード、JCIミッション、JCIヴィジョンの唱和を、三輪智久君がJC宣言文と綱領の唱和、2011年宣言と2018年度スローガンの唱和を行い、田島亜子君が小牧市民憲章を行いました。

その後は日下理事長から挨拶を頂き、小澤委員長が趣旨説明を行いました。

 

小牧平成夏まつりとは、小牧市の友好都市である北海道二海郡八雲町で行なわれている八雲山車行列からヒントを得て小牧青年会議所を中心に立ち上げ、平成元年からスタートしました小牧平成夏まつりも30年目を迎える今年でグランドファイナルとなりました。
30年間続いた事業に相応しい最後を飾るべく、山車の他にも行われるパフォーマンスでは、8名の一般参加者の方々にも6月ごろからご協力頂きながら準備を進めて参りました。当日は台風の影響で、当初予定から1日少なくなってしまいましたが、一般メンバー、青年会議所メンバーでパフォーマンスを行うことができ、素晴らしいラストを飾ることができました。

8名の一般参加の皆様、2ヶ月に渡りご協力を頂き本当にありがとうございました。

また、2ヶ月間の山車制作、パフォーマンス練習の指揮を撮って頂きました、丹野副理事長、小澤委員長、山車制作責任者の田中秀樹君、パフォーマンス責任者の中山麻美君を始め、会員拡大委員会の皆様、本当にお疲れ様でした。