2018年4月度例会~未来を描く道しるべ~

2018年4月10日火曜日、小牧商工会議所4階大会議室にて、(一社)小牧青年会議所2018年4月度例会~未来を描く道しるべ~を開催しました。

開会セレモニーは会員拡大委員会 熊谷翔児君の開会宣言で始まり、JCIクリード唱和、JCIミッション並びにJCIビジョン唱和を田中秀樹君、JC宣言文朗読並びに綱領唱和、2011年宣言並びにスローガンの唱和を三輪智久君、市民憲章の唱和を熊谷翔児君が行いました。

その後、日下理事長よりご挨拶を頂き、小沢委員長が趣旨説明を行いました。

本例会では、(公社)日本青年会議所より大阿久友伸トレーナーと、(公社)日本青年会議所 2018年度JCプログラム実践委員会 副委員長 松永了君をお招きし、青年会議所の目的を明確化し、会員拡大意識を醸成することを目的とし、JCプログラムの「VFセミナー」を開催しました。

 

また、メンバーだけでなく小牧市近隣の青年経済人の方々にもご参加頂き、我々青年会議所の運動の目的を共に学んで頂きました。

VFセミナーでは、テーブルごとに別れ、お互いの自己紹介とアイスブレイクを行いました。プログラムが始まるとまずは言葉の定義づけから行い、我々が普段使っている「目的」という言葉をテーブル内で話し合いました。

目的の定義づけができてからは図を使って、(一社)小牧青年会議所の活動目的や、過去に開催した各事業の目的を再考したり、最後には人生という大きなテーマの中で自分の目的について考える時間がありました。

  

JCメンバー向けの内容もありましたが、一般参加者の方々も社業において自社の目的を再考し、目的に沿った経営ができているかを改めて考える時間となったのではないかと思います。

プログラム終了後には、丹野副理事長から謝辞と記念品をお渡しし、セミナーを終了しました。

閉会セレモニーでは上山監事から所見を頂き、熊谷翔児君の閉会宣言で4月度例会を閉会しました。

4月度例会後には大阿久トレーナー、松永副委員長、一般参加者の皆様にも異業種交流会として懇親会にも引き続きお付き合い頂きました。

異業種交流会ではメンバーと一般参加者の間で積極的に名刺交換を行うなど賑やかな会になりました。

最後に4月度例会をご設営頂きました、丹野副理事長、小沢委員長をはじめ、会員拡大委員会の皆様、お疲れ様でした。